ホーム環境への取り組み>エコキャップ運動

エコキャップ運動

宮園グループは、ペットボトルキャップの再資源化により地球温暖化や土壌汚染を抑制し、売却益によって発展途上国の子供達にワクチンを送るエコキャップ運動に賛同し取り組んでいます。

エコキャップ運動とは

「ゴミ」としてペットボトルのキャップを捨ててしまえば焼却場で燃やされCO2を発生し、大切な地球資源を失うことにもなります。しかしエコキャップ運動のシステムに乗せれば、ひいき目に見ても焼却熱のサーマルリサイクルだった「ゴミ」が「資源」として再利用されるのです。おまけに売却益がワクチン購入に充てられ、発展途上国の子供達の命を救うことにもなります。

エコキャップ運動は、自分たちの負担が少なく継続出来る活動です。自分自身と地球の仲間のために「できることから取り組もう」これが私たちのエコキャップ運動です。

エコキャップ収集実績

私たちは、今まで集めたキャップを別の事業所の回収に委ねていました。再資源化やCO2削減にはこれで十分に有効ですが、自分たちの集めた成果が分かりにくい面もありました。

推進協会 宮園自動車福祉練馬営業所とケアセンター・みやぞの練馬店、タクシー部杉並営業所、中野本社は、平成21年9月21日以降、キャップを直接送付先リサイクル事業者に送付・持ち込みを行い、その実績をホームページ上で公表します。

送付実績値について

2012年9月1日より重量と数の関係が1kg=400個から430個に変更となりました。これは飲料メーカー各社の環境活動により、キャップ1個の重量が約2.5gから2.3gに変更となったためです。収集個数やCO2削減量には変更前後の換算が含まれており、受領書に基づくデータとなっています。

エコキャップ収集累積データ (2017.02)
収集総数量 約398,353個 / 890.1kg
ワクチン換算 477.85人分(ポリオワクチンの場合)
CO2 削減効果 3,014.0kg
(430個燃焼で3.15kgの
CO2発生で換算)
今回迄の送付実績
2017年02月 約8,471個 / 19.7Kg
2016年10月 約23,005個 / 53.5Kg
2015年04月 約28,810個 / 67.0Kg
2014年09月 約35,862個 / 83.4Kg
2013年10月 約38,915個 / 90.5Kg
2013年05月 約34,400個 / 80.0Kg
2012年 約99,290個 / 239.0Kg
2011年 約95,000個 / 237.5Kg
2010年 約24,000個 / 60.0Kg
2009年 約10,600個 / 26.5Kg
エコキャップ受領書